痛いのは身体を守るために大事なもの

僕自身長い間頭痛に悩まされてきました。
個人的にですが、僕が自分で改善できたと実感できた方法を別サイトにまとめてみました。
頭痛に悩んだり苦しんだりする時間は本当にもったいないです。
少しずつかもしれませんが、頭痛を自分で改善してみませんか?
頭痛を自分で改善してみる

痛みは身体にとって必要なもの

痛み,痛い,神経,痛み止め

このエントリーをはてなブックマークに追加   

人間は痛みを感じるよ。
痛くなければいいのにと思うよね。
でも痛みは必要なものだよ。

 

目次

  • 痛みって身体にとってどんなもの?
  • 痛いと感じるメカニズム

 

 


痛みがないと身体は大変なことになるよ


痛みって何だろうね?
痛みを感じることで自分を守っているよ。

 

 

痛みがなかったらどうなるか?
骨が折れてもスジが切れても痛くなければどうなるかな?

 

 

動き続けられると思うよ。
そうすれば身体は崩壊していくんじゃないかな。

 

 

痛みは自分の身体から脳へのサインだよ。
見逃せばそれは異常につながると思うな。

 

 

だから痛み止めを容易に服用すると後々大変になるよ。
サインを無視して動けば負担がさらにかかるわけだもんね。

 

 

もちろん手術の時のような麻酔、激痛で耐えられないときの必要な痛み止めなどもあるよ。

 

 

痛いのは何故かを考えることは大事なことだと思うな。
痛み,痛い,神経,痛み止め

痛いと感じるメカニズムをしって痛みの重要性を知っておく


痛みを感じるのはなぜかな?

 

  1. けがをしたりするとどうなるかというと細胞が壊れるよね。

    そのときに細胞からカリウムイオンやセロトニン、アセチルコリンといった「発痛物質」が出るよ。

  2.  

  3. 痛覚物質が知覚神経の末端(自律神経終末)に触れると神経だから電気信号になるよ。
  4.  

  5. 神経はどことつながっているかというと脳だね。

    脊髄と視床というところを通って大脳皮質の体性感覚野というところに到達するよ。

  6.  

  7. そこで痛いと感じるわけだね。

痛み,痛い,神経,痛み止め
だから痛みをそのままにしておくということは壊れたものをそのままにしたまま動くってことだね。

 

 

神経麻痺になったは痛覚がなくなったり温度が感じなくなったりすることがあるよ。
痛みを感じないから身体が痛んでいてもわからないんだってね。

 

 

例えば重たい荷物が入った袋を持った時に袋が手に食い込んでうっ血するよね。
でも痛くなくてうっ血したままになると血の通わないところはどうなるかな?
血が流れないと酸素も栄養もいかないから壊死しちゃうよ。

 

 

まあそう簡単にはならないけど、長時間その状態が続くとなる可能性があるよね。

 

 

痛みと違うところが原因な時もあるよ。
こういったときは視床で信号が混線することで起こるよ。
身体の中は不思議だね。

 

 

ちなみに脳の部分の名前の「野」ってのはコルビニアンブロードマンって人の脳の構造をまとめたブロードマンの脳地図ってのがあるよ。
その区分した脳の機能の領野を示すのに「野」って言葉が示されているんだって。

 

領野って言葉からきてるんだね。
なんか難しいね。

 

 

 

少し話は逸れちゃったけど痛みを感じる、不快感を感じることは大事なことだよ。
たとえ原因がわからなかったとしてもね。
痛いと感じることが身体の不調を表しているということがわかればほったらかしにするとどうなるかがよくわかるよね。

 

 

痛みを抑えるときは痛かったことを忘れないようね。
忘れて無理すると、そのあともっと大変だよ。
無理しすぎないように力を抜く方法を考えようね。
自分の身体は自分でしか守れないよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



 
HOME お勧め記事 頭痛全般 頭痛サポートツール 無料で頭痛改善