溜息が悪いのではなく、溜息が出る原因が問題。

僕自身長い間頭痛に悩まされてきました。
個人的にですが、僕が自分で改善できたと実感できた方法を別サイトにまとめてみました。
頭痛に悩んだり苦しんだりする時間は本当にもったいないです。
少しずつかもしれませんが、頭痛を自分で改善してみませんか?
頭痛を自分で改善してみる

溜息は見た目は悪いけど必要なものだよ。

溜息.酸素.姿勢.必要.ストレス

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ち着かせるための溜息増えてないかな?
溜息はよくないっていうけど本当にそうかな?
溜息は必要なものだよおもうよ。

 

  • 溜息がでる理由
  •  

  • 溜息がでたら
  •  

  • 溜息を少なくする対策

 


自然に出る溜息は身体を守っているから止めないで。

溜息.酸素.姿勢.必要.ストレス


溜息は疲れたときとかストレスが溜まったときとかにでないかな?

 

その時身体は緊張していたり、呼吸が浅くなっているときだよ。
すると酸素が足りなくなるんだね。

 

すると血管が収縮して、血圧をあげて酸素を体中に届きやすくするんだ。
自律神経である交感神経の力だね。

 

自律神経は交感神経と副交感神経のバランスが大事だから傾くと元に戻そうとするよ。
血管を拡張させて血圧を下げるために酸素を吸入しようとするんだね。
酸素は呼吸で身体に取り入れるものだからたくさん空気を吸えば酸素もたくさん取り込めるよね。

 

たくさん吸うためには空気を吐かないとはいらないからね。

 

すると溜息がでちゃうんだね。

 

だから自然に出る溜息は止めちゃいけないよ。
ストレスから身体を守っているんだから意識的に止めたりするといけないね。
出たら自分の身体にストレスがないかチェックしてみてね。

 

 

溜息がでたら要注意。ストレスの原因を探そう


溜息が出ることはいいことだけど連発するのはよくないよ。
周りからの見た目も悪いしね。
それに溜息が増えるとどんどん呼吸が浅くなっていくよ。

 

ストレスの原因をさがして溜息の数を減らそうね。

 

姿勢が悪くなってきている

身体的ストレスだね。
細かい作業やPC作業などで身体に負担がかかってしまう。
猫背になると肺がつぶされて呼吸が浅くなりやすいよ。
呼吸が浅いと酸素が入ってくる量も少なくなるよね。

 

慢性的に姿勢が悪い人は溜息は多いはずだよ。
あとあくびかな?
頭痛に悩まされてる人は多いかもしれないね。
僕も多かったからね笑

 

 

精神的ストレス

不満や不安、不快感いろんなストレスがあるよね。
主に対人関係や会社関係かな?
精神的ストレスがおおきいと身体的ストレスに変わりやすいよ。
姿勢が悪くなるんだね。

 

溜息が多い人は対策をしよう!溜息を少なくするために。

姿勢を正す意識を持つ

姿勢を正しくすることは体調を整える基本であり、一番重要なことだと考えているよ。
これは誰かに治してもらうのではなく、自分で意識することが大事だよ。
頼ることは悪くないけど、あてにすることはよくないよ。

 

お金を使って身体を治してもらっても、すぐにまた悪くなる人は考え方から改善したほうがいいこともあるよ。
自律した考えを持とうね。

 

頭痛と姿勢

 

呼吸を整える

呼吸を整えることは大事なことだよ。
呼吸には酸素を取り込むこと意外にも、自律神経を整えることができるよ。
呼吸法もいろいろあるから試してみてね。

 

頭痛と呼吸

 

精神的ストレスを具体的に把握する

精神的ストレスがなんなのかを知っておくことは重要だよ。
慢性的な悩みなら。頭で考えるだけじゃなく、紙に書いたりして文字に起こしたり絵にかいたりするとより効果的だと思うな。
絵をかくのはなかなかないとは思うけどね笑
何かに書き出すことは脳にとってもいいことだよ。

 

頭痛とストレス

 

運動をしてみる

酸素が足りてないから運動することはいいことだね。
運動は精神的にも効果があるからおすすめだよ。
なにかできる運動があればしてみるよいいよ。

 

頭痛と運動

 

溜息.酸素.姿勢.必要.ストレス

 

 

 

身体がつらいのに溜息が出なくなったら要注意だよ。
自律神経のバランスが崩れてる可能性があるから身体にいろんな症状が出てくる可能性があるよ。
自律神経失調症ってやつだね。
気を付けようね。

 

溜息をつく理由を知ればも悪いことばかりじゃないよね?
でも何も考えずにそのままにしておくことは悪いことだよ。
見た目にも悪いしね。

 

ストレスの原因を考えようね。
それを解決しようってサインが溜息だよ。
身体からのサインは無視しないようにね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 
HOME お勧め記事 頭痛全般 頭痛サポートツール 無料で頭痛改善