頭痛持ちに有効な温泉を探してみよう。

頭痛に有効な成分を含む温泉もある。温泉に行ってみよう!

頭痛,温泉.効果.入浴.水分.注意.負担

温泉はお風呂と違っていろんなミネラルが含まれているよ。

 

中には頭痛に効果的な成分を含む温泉もあるよ。
飲める温泉なら飲んでみるのもいいよね。

 

たまにはゆっくり温泉にもいってリフレッシュとかしてみたらどうかな?
でも気を付けないといけないこともあるからそこも踏まえて楽しみたいよね。

 

目次

  • 温泉の効果
  • 温泉に入る際の注意点
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

温泉に入る効果

頭痛,温泉.効果.入浴.水分.注意.負担

ミネラル分

温泉にはいろんなミネラルが含まれているよ。
湯治なんて言葉があるよね。
これは温泉に含まれている成分の影響だと考えているよ。

 

温泉の種類もいろいろあるけど頭痛に効果が期待できるミネラルはマグネシウムだね

 

マグネシウムを多く含む温泉に浸かるといいよ。

 

マグネシウムはカルシウムとのバランスが大事だからカルシウムも一緒にとると効果的かな。
頭痛に影響のある栄養素を知っておく。注意したほうがいいものも。

温泉の湯気

温泉は湯気が出てるよね。
呼吸するだけでも身体に取り入れることができるよ。

 

温度

あったかい温度は血管を拡張してくれるよ。
もちろん急激な変化は片頭痛に影響するからかけ湯などは重要だよ。

 

あと一気に温まるのも気を付けようね。
一気に肩まで浸かるとかね。

 

半身浴などで出来る限りじっくり温度を上げていく方が影響がすくないよ。

 

環境

温泉に入るときは大体どこかに泊まるよね。
ゆっくりとした環境。
家事や仕事の時間に追われることのない環境

 

ストレスがかかっていない状態だから自律神経にも影響してくるよ。
気持ちもリセットして戻れるといいよね。
頭痛,温泉.効果.入浴.水分.注意.負担

 

温泉に入る際の注意点

アルコールに注意

これもアルコールを飲んで血流がよくなった上であったかい温泉に浸かると
血圧低下、心拍数の増加によって身体に負担がかかるよ
脳貧血や心臓発作などを起こす危険があるのでやめたほうがいいよ。
楽しい旅行が悲惨なことになりかねないからね。
頭痛,温泉.効果.入浴.水分.注意.負担

 

入るタイミング

スポーツの直後はやめる

スポーツの後は筋肉が酸素を欲しがっているから血液も筋肉に行きやすくなってるよ
疲労をとるために酸素が必要なんだね

 

でも温泉に入ると体全体が血行がよくなってしまって筋肉の疲労をとるための血液が足りなくなってしまうよ
タイミングによっては疲れが残りやすくなるんだね。

 

運動をした後すぐに汗を流したいのもわかるけど、ある程度時間をおいて入るほうが効果があるよ。

 

 

食事の後には入らないほうがいい

食事をすると消化器官に血液を集中させることで消化させているよ

 

温泉に入ると水圧と温度で身体全体に血液が流れやすくなるよ。
そうすると消化不良になりやすくなるよね。

 

だから食前がいいよ。
ご飯を食べる前にゆっくる浸かろうね。

 

水分補給をしっかりと

温かいお湯につかっていると水分はどんどん体外へ抜けていくよ
だから入るときは水分をしっかりとっておこうね

 

汗もたくさん出るから代謝もあがるよ。
うまく代謝を上げるためにも水分補給は大事だよ。
頭痛と水

 

温泉は入りすぎない

せっかく来たんだからって入りすぎるとのぼせるよ
当たり前だけど大事なことだよね。

 

肩まで使ってのんびりというけど心臓や肺への負担も大きくなるから体調によっては注意したほうがいい人もいるよ。
半身浴でゆっくり浸かることが身体への変化もゆっくりだし身体の芯まであたたまるよ、
暑いお湯だと芯まで行く前に熱くなって出ちゃうからね。

 

頭痛,温泉.効果.入浴.水分.注意.負担

 

温泉に行くってだけで楽しい予定ができるよね。
もちろん家でじっとしていたいって人もいるかもしれないけど。
それでも環境を変えると頭痛も変わるかもしれないよ。
たまにはゆっくり温泉なんてどうかな?

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



 
HOME お勧め記事 頭痛全般 頭痛生活改善 頭痛サポートツール